独善的エンタメ☆アナリシス

日ごろかんじたエンタメまわりのことを!ジャニーズに偏るのは個人的嗜好です。

新種男子・パステル男子

f:id:hekezo:20160330104105j:plain

テレビみていたら、人気店員「ゆうたろう」が出てた。

大人気の「りゅうちぇる」同様に、「かわいい男子」だ。

こういう「かわいい男子」人気の延長線上に「伊野尾慧」人気があるのだろう。

色でいうとピンクの男子。

こんな「女の子みたいなかわいい男子」色でいえば「パステル男子」が人気みたいな気がする。

HeySay JUMPも、サンリオとのコラボなどパステルをメインにしてきている。

恋人にしたジュニアに連続して岩橋玄樹がトップなのも同じ心理を源にしているのだろう。

 

さて、このパステル男子。

オリジンは千葉雄大だろう。「ホスト部」は代表的な例だ。

 

でも、千葉君は「女の子っぽさ」を抜きにして、「男っぽく」しても、かっこいいだけのもともとの顔の美しさがある。

身長も高い。

でも、「岩橋」はどうなんだろうか?

 

10代の少年の少女さをもっている時期特有魅力が終わった後、25歳を過ぎた後、

「男」が求められるときに、タレントとしてどうやって売っていくのかが、

オバサンは気になってしまうわけ。

 

 

ただ、女の子たちの「両性具有的」パステル男子好きはよくわかった。

それって、自分たちがいじれる彼氏。ちょっと下にみられる彼氏。

ペット的存在を求めている気持ちの表れだと思う。

その視線は

「かわいい女の子がいい」の男の子が女の子をみる視線とにているなあ。

というか、ソフトバンクの「ギガ」ちゃん、ポメラニアンをみる視線と似てる気がする。