独善的エンタメ☆アナリシス

日ごろかんじたエンタメまわりのことを!ジャニーズに偏るのは個人的嗜好です。

「せいせいするほど愛してる」で考える「ふられ役」の利益

久しぶりのタッキーの現代劇「せいせいするほど愛してる」

楽しみにしていました♪

タッキーのスーツ姿や素敵で、

あんな真紫のスーツを着こなせるのはタッキーぐらいしかいないと思う。

 

さて、

最初はタッキーの姿にドキドキしてしまい、

中村蒼の登場に「中村蒼、関西弁下手だな」くらいにしか思っていなかったのに、

最近は

中村蒼(宮澤さん)選んだほうが、幸せになれるな」と思いはじめ

「宮澤、幸せになってほしい」「宮澤、最高♡」って思うようになってきた。

twitterをみてみても、タッキー演じる副社長よりも、宮澤のほうが人気がある気がする。

 

宮澤は、彼女の心が副社長にあると知っていても、変わらず彼女(未亜)を愛していて、ドタキャンされても、怒らずに彼女を包み込み、

彼女の愛をも応援して。。

この度量の広さ、無条件で愛してくれる広さ、それに女の子は惹かれる。

 

このタイプの役どころは、安定して人気がある。

最近では、「ヒロイン失格」の坂口健太郎。

代表的なのは「花より男子」の花沢類だろう。

「イケメンですね」の藤ヶ谷が演じていたほう(名前忘れた)もそうだ。

 

一途に彼女を思い続けるのに、献身的なのに、最後は報われない。それさえも、彼女のためだと広く考えられる器の大きさ。

だからこそ、「ヒロインが振り向いてくれなくても、私が振り向いてるよ~」と心を奪っていくのだろう。

 

まあ、たいていは「出会いは最悪」「性格が悪い」のに「好きになってしまった」

ほうとくっつく。

「冷たいと思っていたのに、やさしいところもあった」というギャップ萌えだ。

「ずっとやさしい」ほうがいいと思うのに、このギャップが女子には魅力だ。

今の月9もそう。

 

でも、これで中村蒼もいっそう人気となるだろう。

小栗旬や坂口健太郎が「報われない愛」役を経て、大ブレークしたように。

 

さて、でも、さらなるブレークをしてほしいのは滝様のほうなんだけど。

タッキーの憂う顔も素敵。

最終回までもう少し